cafe bleucafe bleucafe bleu
cafe bleu
カフェ・ブリュ。ちょっとブルーな今日この頃。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
フィニス
Finis Henderson - Skip To My Lou


Finis Henderson - Making Love


フィニス・ヘンダーソン(正しくは「ファイナス」と発音するらしい)は
アメリカでは有名なコメディアンだそうです
日本でもよくあるけど、売れてる芸人さんがCD(当時はレコードか)
出しちゃおうかってノリで出したのかもしれない、この「FINIS」って
アルバムはAORファンのド定番になるほどの名盤です。
AORファンに人気なのは、黒人さんのアルバムなのに何故か「クロく無い」から。
おもいっきりウエストコーストサウンドなのです。特にバラードが。
でも良いアルバムです。いきなりラテンやったりちょっと散漫だけど・・・
プロデュースはアル・マッケイなので彼のカッコいいカッティングを
たっぷり聴くことができます。


僕らAORファンがフィニスの話をするのは、

アメリカ人が、

A 「日本のタカシ・フジイのファーストアルバムは良いよね?」

B 「タカシ・マツモトのプロデュースのヤツ?」

A 「そうそう、キリンジの兄が参加してるの」

みたいな会話をしてるような感じなのかもしれませんね。


最後にネタをしてるフィニスさん

芸風的にアメリカの「ぐっさん」かな?
| music | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バーン・アンド・バーンズはやはり良いというお話
スイート・リベンジ

探し続けてやっと手に入った、
バーン・アンド・バーンズのスイート・リヴェンジ。
(Byrne And Barnes / An Eye For An Eye)
しかも新品、2001年のデッドストック。
人間生きてればいい事もあるもんだね。

元々このアルバムの前作に当たる、ロバート・バーンの
ワンナイト・ロマンス(Robert Byrne / Blame It On The Night)
がものすごく好きだったのだが、これはこれで前作とはちょっと
違う趣きがある所がまた良かったりする。
やはりデュオになったことでヴォーカルのハーモニーに力を入れて
いるのが良くわかる。それにブランドン・バーンズの影響か、全体に
キャッチーかつメロディアスさが増した感じがする。
ニュアンスの違いで言うと、前作がロビー・デュプリーかボズ・スキャッグス
かとすれば、この作品は若干エアプレイのエッセンスが入ったといったところか。
前作が深夜から明け方だとしたら、こちらは午後から夕暮れって感じ。

【意外と収録曲の動画がYouTubeでUPされてたので貼っておきます。】
(聴いてもらわんと判らんしね。。。)


超キャッチーです。演奏するの面倒そうだけど。


メローです。


やはりメローです。


ちょっとアコースティックな・感じ


【以下、ワンナイト・ロマンスの収録曲】






なんだかんだ言って、この曲が一番好き。


で、この話題に興味ある人いるのかな?
| music | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
眠れない貴方へ(remix edit.)
スリーピング・ジプシー

Michael Franks - The Lady Wants To Know


マイケル・フランクス先生の1977年のアルバム
「スリーピング・ジプシー 」のファーストナンバー
「淑女の想い」です。
イントロのカールトンのスライド+ディレイのギターからして、
初っ端から睡魔を誘います。
そしてフランクス先生のアンニュイなヴォーカルは
もう子守唄以外の何物でもありません。
ぜひアルバムを聴いてみて下さい。
全曲聴き終わるまでに眠りに落ちているはずです(いいのか?)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/B000FPX1EM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1272567080&sr=1-1
※ドライブのBGMにはご注意!!

■主な参加ミュージシャンは・・・
ギター  :ラリー・カールトン
キーボード:ジョー・サンプル
ベース  :ウィルトン・フェルダー
サックス :マイケル・ブレッカー、デヴィッド・サンボーン
プロデュース:トミー・リピューマ
ストリング・アレンジ:ニック・デカロ

ていうか、はよ寝ろ>自分
| - | 04:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ビル・ラバウンティの新譜が物凄くよいというお話 (remix edit.)

まあ新譜といっても2009年発表だけど。。。

Right Directionから18年ぶりのBILL LaBOUNTYのニューアルバム、
"back to your star"最高です。



1曲目"california turnround"↑のイントロは思わず「ニック・デカロ?」と思いました(笑)

ビルの作品で一番グルーブ感があり、一番アダルトな雰囲気だと思う。
過去の作品、例えば"Bill Labounty"にあった瑞々しさや、
"Right Direction"にあった爽やかさのようなような感じは影を潜めたかも知れないけれど
キャッチーなメロディラインの中に何か人生のほろ苦さを感じさせるような深みを感じさせられます。
僕はビルの最高傑作だと思います。

ちなみに参加ミュージシャンは、
ギター:ラリー・カールトン、ベース:デヴィッド・ハンゲイト、etc...
お約束ロビー・デュプリーのコーラスとハーモニカも聴けます。
おじさん(おじいさんもいる?)達がなかなかカッコいいサウンドを作っています(笑)

僕は4曲目の"hwy85"が一番好きです。
この曲もグルービーなナンバーですが強力なサビが待っています。
他の曲もかなり魅力的なので、ぜひ右のBlog Partsから聴いて見て下さい。
| music | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
盆と正月
Boz Scaggs - Payday



僕の3大アイドルの1人ボズ・スキャッグス。
(後の二人はボビー・コールドウェルとネッド・ドヒニー)
近年はジャズに走っているようだが、この"Pay Day"が入ってる
"Dig"(2001年)というアルバムはブルースとAORの融合といった
感じの内容で衝撃的だった。
ブルース、ブルース・ロックにのめり込み、かつAORに心酔している
僕にとってはまさに盆と正月が来たようなアルバムだった。
プロデュースもダニー・コーチマーとデビッド・ペイチ(以外にも
この"Dig"が初顔合わせだとか)と、伊勢海老と松阪牛が入った
おせち料理の如き豪華さ。
| music | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010年2月16日の1曲
All Shook Up - Jeff Beck Group


今日は朝からずうっと頭の中でこの曲が鳴ってました。
Love me Love me Love me Love me Love me Love me ・・・
と無限ループ・・・
| 今日の1曲 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010年2月1日の1曲

Rock With You - Michael Jackson


ヤバイ、ヤバイ、放置しすぎて年が明けてしまった、というかもう2月・・・
とりあえず年賀状を。

今年もよろしく!

で、今更ながらマイケル・ジャクソンがマイブームです。
といっても、"Thriller"でもなく、"Bad"でもなく"Off The Wall"なのです。
"Rock With You"が超ヘビーローテーションです。
世間的には"King Of POP"ですが、僕的には「キング・オブ・ブラコン」ですな。
| 今日の1曲 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009年10月8日の1曲


Wonder Word - SUPERCAR


今日はほんとに一日中頭の中で「ワンダーワンダーワンダー・・・」言うてました。
続きを読む >>
| 今日の1曲 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009年10月7日の1曲


I'm Not In Love - 10cc


2001年冬季の僕の公式テーマソングでしたが(なんやそれ)、
2009年は僕の年間公式テーマソングとなりました(とほほ)

と、曲の解説は一切無しかいっ!(笑)
今回はウンチクたれるのは他の人に任せます(笑)
| 今日の1曲 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009年9月23日の1曲


Jeremy - Pearl Jam


この曲のPVでパールジャムを知りました。1993年のことでした。
最初マイケル・ボルトンがロックバンドを始めたのかと思ったくらい、ソウルフルで低域の渋い
エディ・ヴェダーのヴォーカルに魅了されました。ほんとに素晴らしい。
『グランジ』という言葉も今ではもうすっかり死語になってしまいましたね・・・

| 今日の1曲 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| | |

[[img(http://x6.yukishigure.com/bin/ll?084993309)]] [http://x6.yukishigure.com/bin/gg?084993309 アクセス解析]